ちょこっとコネタ

考え事・書き物に「情報カード」

今、「情報カード」にはまっています。
昔から論文を書くのに「京大式カード」というのが流行ったり廃れたりしているようですが、
マイブームとしてもここ数年流行ったり廃れたり。

 

投稿用の文章を書くようになった最近、またこのカードのお世話になっています。
大きさは3インチ×5インチ、ちょっと細長いメモ帳みたいな感じです。
「京大式カード」というのはもっと大きくて、たしかB6サイズ。
たっぷり書けて良いのですが、持ち歩きや管理を考えるとちょっと不便。なので小さい方で。
どこで買うかと言えば、百均です。安く売ってないかな〜? とネットで探すのですが、通販のは案外高くて、
100枚で4、500円とか。百均なら同じ100枚で105円です。
もちろん、紙質は高い方が良いんですけどね。ただ、個人的に使いやすいのは百均のほう。
ざらざらしているので、シャープペンで書きやすい。
つるつるした上質紙だと、インクで書くのには向いているんでしょうが、シャープペンには向いてません。

 

消費税が上がる前にぜひとも買い占めておかねば。
罫線が引いてあるもの、方眼タイプ、無地と様々あります。
今は無地のを使っていますが、次買うときは方眼にしようかな、と。
気分の問題でしょうが、方眼が引いてあった方が何かと書きやすいような。色も白が基本ですが、カラーのもあります。
用途は、まあ、メモです。
文章を書くときに、思いついたことをその都度一項目ずつ書いたり。
後で見直してカテゴリ分けをするためのアイデア出しに使います。
それと、構成。こういう流れにしようと思ったことを一枚に書いて、
それを見ながら既にあるアイデアのカードを並び替えていきます。
これだと頭のなかが可視化できる感じで、客観的に考えやすいんです。
わたしは文字ばっかりですが、絵を描く人にもおすすめです。
前はメモ帳を使っていました。メモ帳だと、前に書いたことがどんどん奥にいっちゃいます。
そうすると後で、「あのアイデアを使おう」っていうことがしづらいです。
カードなら、古いものでもすぐに引っ張り出して並べられます。
同じ時期にスマートフォンのアプリでもカード式のメモをダウンロードしました。
でも結局のところ、手書きでさっと書けるほうが速いし量産できるという結論に至りました。

考え事、書き物をするなら情報カード、ぜひ。


更新履歴